ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イベント時の対応

ドル円7月3日


イベント内容
      (7月3日 21時01分) 
 欧州中央銀行(ECB)は3日、フランクフルトの本部で定例理事会を開き、ユーロ圏15カ国の主要政策金利である最低応札金利を0.25%引き上げ、4.25%とした。ECBの利上げは昨年6月以来。
 ECBは昨年9月の理事会で利上げを予定していた。しかし昨夏以降、米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題を発端とする金融市場混乱の深刻化を受け、利上げを見送っていた。好調だったユーロ圏経済は減速しつつあるが、ユーロ圏内のインフレ圧力が高まっているため、利上げ再開に踏み切った。


 7月3日は、あまり方向感がなく、欧州中央銀行の金利引き上げは十分に予想される内容でしたが、やはりドル円もすぐに反応しました。

 この局面では、事前に、予想方向へ、IFDを打ち込み、ニュースのインパクトにより、30銭~70銭幅でリミットを入れると、10分で勝負がついた試合でした。
もちろん、ストップも入れることを忘れずに・・・・。
 月に数回あるチャンスのひとつです。












 
スポンサーサイト

トレード記録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<価格転嫁 | HOME | ミーニャの6月の確定値>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。