ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「誰に、飯を食わされていると思っているねん!」

「誰に、飯を食わされていると思っているねん!」

と、20歳の時に、私が、道を外そうとした時は、

強烈に叱られたものです。

日頃から、家族を養うために、朝早くから、夜遅くまで

働く姿を身近に見ていた私は、

「はい、わかりました」なんて、感じで素直に聞いて

いたのだろうと思います。

父親の権威や、家族の一体感など・・・。

の価値観が普通であった時代。

結局、父は無理がたたって、私の21歳の時に

他界してしまいましたが・・・・。

子供は、社会が責任を持って育てる・・・という耳障りの

よい価値観・・・。

父が子供手当ての出る時代を生きたら、

きっと、そんなわけの分からない他人の金はもらわないと

思います。

もちろん、本人に聞かないとわかりませんが、

きっと、

「誰に食わしてもらっているねん!」
の決め台詞を、生意気ざかりの3人息子にかました時に、

「親父は、毎月 78000円の子供手当てをもらっているやんけ!」
「えらそうにするな!」

なんて言われるのが、嫌だと思います。

福祉は、本当に必要な方のために・・・・・。

現在の国民の民度が、民主党を登場させました。

地道に、我々が、変わらないと、覚悟しないとね。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<社会主義政策は上手くいかない。 | HOME | 次の危機は、欧州と商業不動産から・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。