ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

次の危機は、欧州と商業不動産から・・・。

プレ危機としての「ドバイ」

 世界は、出口戦略とか何とか、気楽なことを言っていますが、

ネクスト危機の震源は、「欧州」と「商業不動産」が震源になると思います。

すばり、あと半年程度の期間に、療養中の世界経済を襲います。

もし、その時・・・・。

ない事を祈りますが、

中国経済の本格バブルの崩壊とタイミングがあってしまったら・・・

インパクトは倍加すると思います。

 その時には、

株価は半減、そして、円に関しては、

現在の円高が牧歌的だと思われるようなスーパー円高が起きます。

一時的かもしれませんが、60円を切るような自体も想定する必要が

あるかもです。

 最終局面では、NYの商業不動産が、ピーク時の10パーセント以下に

減価して、今回の危機の極点となります。

イメージとしては、1年ぐらい先かなと思いますが、

その時は、オバマさんは大統領には留まっていないかもしれません。

中国の混乱は、上海万博後かと思いますが・・・・。

日本は舵取りが難しい時期をむかえますが、

ピンチはチャンスですので、冷静に対応しましょう。

それと、欧州は、「ギリシャ」の処理を間違うと

ユーロの瓦解に繋がる恐れも充分で・・・・。

でも、引き金は、やはり、イギリスの国際金融機関の事実上の破綻がスタートかと

思います。

いま、株、FX、商品をやっている人は勝負時なので・・・・。

頑張りましょう。

出来れば、大きなポジションを持ち越さないように、

短いピッチで、メリハリをつけて、投資しましょう。
スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「誰に、飯を食わされていると思っているねん!」 | HOME | 政府の信頼と国債。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。