ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チャプターイレブン

 連邦倒産法第11章は、アメリカ合衆国連邦倒産法の第11章のことを指し、ひいては当該条項に基づき行われる倒産処理手続をさしていう。略して単にChapter 11(チャプターイレブン)と呼ばれることがある。

 再建型倒産処理手続を内容とするものであり、債務者自らが債務整理案を作成できる点で、日本でいう民事再生法に相当する。会社に適用される再建型倒産処理手続ということで、日本の会社更生法に相当すると言われることもあるが、制度的により類似するのは民事再生法である。

 製造業、特に 自動車会社などの会社の破綻処理の場合、チャプター11を適用した場合の影響はどのようなものになるでしょうか?余程、しっかりとした計画を立てない限り、自動車のような高額商品で、アフターサービス、定期的なメンテナンス、長期的な部品供給などを考えると、1年後に存在しないかもしれない会社の車を買うでしょうか?
 かと言って、3社をまとめて救済して、準国有にもっていった場合は、資本主義の総本山アメリカは
共産中国以上の国有管轄企業ばかりになると思います。

 今回の支援が成立しても、結局は、突然死か、緩慢死か、どちらかの違いだと思います。
株価は0ドル以下にはなりませんが、おそらくは、相当額の支援金がセットでないと、買手は現れないと思います。

 日産の時のルノーのようなパターンはまだかと思います。

さて、半年程前に、ブログで書いた最後の役者が登場して来ました。

GM(製造業代表)、シティバンク(商業銀行代表)・・・・・。
さて、脆弱なマーケットが今後の衝撃に耐えられるか?

今後の展開に注目です。




















スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<転勤になります。 | HOME | 第3波>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。