ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バーゲンセール中

ニュースより
米著名投資家のウォーレン・バフェット氏はニューヨーク・タイムズ紙に寄稿し、自分は米国株を買っていると明らかにした。
 同氏は「株を買い入れるルールは単純だ。他の人々が強欲になっている時に恐れ、皆が恐れを抱いている時に欲を出すことだ」と述べた。 同氏は、経済ニュースは悪く、金融市場は混乱し、失業者は増加し、企業活動は減退していることを認識しているとしながらも「市場心理や経済が上向く前に、おそらく市場は上昇に向かい、しかも大幅に上昇するだろう。コマドリを待っていたら、春は過ぎ去ってしまう」と指摘した。
 さらに「米国の多くの健全な企業の長期的な繁栄に対して不安を持つことは、理にかなっていない」と述べた。

 日本の株式においても、長期的な視野に立てば、株の仕込みの時期に来ています。私も先週は、3年ぶりに、松井証券に口座へ投資資金の一部を移しました。これから、年末にかけて、パニック売り的な場面が出れば、仕込みのチャンスです。銘柄は、少なくとも、資産株として、5年や、10年は売却することがないようなものがよいでしょう。バーゲンセール中なので、目移りしますが、あまりないチャンスなので、ここは勝負します。
 但し、日本株の場合、円高に大きく業績落ち込むものは、避けたほうがいいかと思います。
円が最高値をつけるのは、来年の秋から冬ぐらいなので、それを見極めてからでもよいと思います。


今日もインド人は、カレーを食べ、中国人はギョーザを食べ、サブプラで、落ち込んだアメリカ人も、また、暫くすると、過剰な消費を始めるでしょう。銀行や証券が破綻したり、株が落ち込んだりしても、
また、なにもなかったように、回復してきたのが、これまでの歴史です。




スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<公的資金の追加投入 | HOME | 週トレ13~17>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。