ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

協調利下げ1回目

ニュースより 

 米欧の主要中央銀行は8日、金融危機を背景に混乱が続く国際金融市場の安定化に向け、政策金利を同時に引き下げる異例の協調利下げを実施したと発表した。
 米国発の金融危機が世界同時株安やドル相場の急落を招き、先進各国の実体経済に打撃を与えつつあるため、協調策を取ることで危機拡大を回避する狙いがある。
 協調利下げに参加したのは、米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)のほか、イギリス、カナダ、スウェーデン、スイスの合わせて6中央銀行。それぞれ政策金利を0・5%引き下げ、FRBの政策金利は1・5%、ECBは3・75%となった。
 日本銀行は0・5%の政策金利は引き下げず、当座預金制度の運用を含めて金融調節で資金を潤沢に供給する方向で対応する見込みだ。一方、中国の中央銀行である中国人民銀行も8日、主要政策金利の一つを9日から引き下げると発表した。

 やらないよりは、やったほうが、いい協調利下げですが、
株価を支える効果は限定的でしょう。
更に、アメリカの金利水準から考えると、あと、2回の利下げで、打つ手なしになるかと思います。
世界の金融機関は完全にバランスシート毀損の状態にあり、0.5パーセント下がったからといって
この経済情勢で住宅でも買うかなんて思わないと推察します。
イギリスからは、資本注入、ドイツからは、銀行の国有化のことが話題となっていますが、まだ、だらだらと時間のかかる問題です。

 さて、昨日のFXですが、久しぶりにほぼ思った通りのトレードが出来ました。
少し売買手法を改善したら、勝率及び、利益が格段に良くなりました。詳しくは、週トレ報告で・・・。

それでは、本日も儲けましょう。










スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<強制注入 | HOME | 資本注入>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。