ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

利下げ

ニュースより、
 
 米連邦準備理事会(FRB)が早期に大幅な利下げを余儀なくされるとの見方が強まった。信用危機に対応するため10月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)前に緊急利下げに踏み切るとみ
る向きもある。
 9月の雇用統計・非農業部門雇用者数は15万9000人減少し、単月としては5年半ぶりの大幅な減少となった。クレジット市場の問題が企業の設備投資などにマイナスの影響を及ぼしつつある兆候を示した。
 FRBの次の動きについて、プライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)14社中、11社は10月の利下げを予想。うち10社は0.5%ポイントの利下げを見込んでいる。
 バンク・オブ・アメリカのシニアエコノミスト、ピーター・クレッツマー氏など一部のアナリストは、今月のFOMC前に緊急利下げに踏み切る可能性が高いとみている。

 タイミングとしては、ダウが、10000ドル切るシーンがあったら、利下げで支えることになるのかと思います。ただ、単独での利下げはドルの暴落を招きかねないので、欧、日との協調利下げという展開かと思いますが、どこまで、金融政策で凌げるのかは、引き続き、観察する必要があります。
 
 さて、FXの方ですが、先週は、木、金とルール無視の感情トレードで大きく崩れましたので、今週は気持ちを切り替えて頑張ります。

 今日も儲けましょう。
スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<決算期 | HOME | マーストリヒト条約>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。