ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ルール変更


米証券取引委員会(SEC)は30日、時価会計に関するガイダンスを発表し、価格設定が困難な資産を評価する際に、金融機関は著しく低い価格で評価する必要はないとの見解をあらためて示した。

 米財務会計審議会(FASB)が追加のガイダンスを今週中に公表する。

 米国会計基準では時価について、自発的な市場参加者による秩序立った取引に基づくものとしている。今回のSECのガイダンスは、清算に伴うものなど売却を余儀なくされた場合は秩序立った取引とはみなさないことを示している。

 ガイダンス文書によると、SECは、当該市場に価格設定の根拠となるものが存在しない場合、企業の経営陣が提示する内部的な想定価格が公正価格として適用可能であることを再確認した。 米国会計基準によると、流動性のある市場では、資産は単純な気配値で評価することが可能だが、価格設定が困難な資産を評価する際は数学的モデルに基づいて経営陣が提示する最善の想定価格が全面的に適用される。

 しかし、信用収縮を受け、多くの金融機関は、かつてもっと流動性が高かった市場で取引されてきた複雑なモーゲージ証券の評価において、さまざまなモデルに依存することを迫られた。会計士が金融機関に対し、流動性の低い市場における著しく低い価格(ファイアセール価格)を適用するよう強要した、と指摘する専門家もいる。
 SECは、売買実績など市場で根拠となるもの(レベル2インプット)よりも自己の内部データ(レベル3インプット)の方がより適切であるケースもあり得る、としている。

SECも必死ですね。おそらく、10月期限の空売り規制も、続けないと怖くて解除できないのではと思います。
 10月はアメリカ株式においては、歴史的なイベントの多かった月です。
大きな暴落や、変動の多い月となると思います。

 FX投資においては、大きなチャンスであるとともに、思いもよらない損失をかぶる時期なので、
気を引き締めていきたいと思います。

 本日も儲けましょう。
スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<FAS157 | HOME | 180兆円が消失>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。