ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大きすぎて潰せない。

ニュースより
米銀行最大手のシティグループは、同4位のワコビアの銀行事業を21億ドル(約2200億円)で買収する。

 米連邦預金保険公社(FDIC)が29日発表した。ワコビアは、資産運用など一部の事業を残し、大半の資産をシティに譲渡する。両行の総資産を単純合計すると2兆9000億ドル(約307兆円)にのぼり、世界最大級の規模となる。米メディアによると、シティは政府がまとめた金融安定化策を活用する方針といい、不良資産買い取りの第1号になる可能性がある。

 シティは、3120億ドル(約32兆7000億円)あるワコビアの融資から生じる420億ドル分の損失を負担する。それ以上の損失は、FDICが負担する。事実上の公的支援となる。

 株価の急落から経営不安が広がり、FDICが、取り付け騒ぎが起きる前に買収を促したとみられ、シティによるワコビア救済のための買収と言える。

 今回のケースは、官民による事実上の破綻処理であるが、ワコビアにしても、AIGにしても、
「大きすぎて潰せない」ということだと思いますが、このまま、あと住宅市場が更に、30㌫下降して
今回の再編で次々と誕生しているスーパー金融機関に、再び 不良資産が滞留してきたら、
今度は、米国政府もお手上げではないでしょうか?

その時は、「大きすぎて救えない」が現実になります。
ドルとアメリカ国債の暴落はその時始まります。そのようなことがあるかもしれないと準備するのが
リスク回避です。

 さて、昨日のFXは、予想通りの展開となり、午前中の数回の取引で、予定額の利益が出たので
マーケットを眺めていましたが、外貨の下降スピードは予想以上です。
まだまだ、神経質な展開になると思いますが、変動の大きい時は、FXの儲け時なので、頑張りましょう。
 本日も儲けましょう。




















スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金融恐慌の2歩手前 | HOME | 金融傾斜国家>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。