FC2ブログ

ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金融安定化策のポイント

ニュースによると以下のような内容になる模様。

◎不良資産買い取りのための7000億ドルは段階的に投入される。まず2500億ドルが認められ、大統領はさらに1000億ドルを要請できる。残りの3500億ドルについては議会の承認が必要。

不良資産買い取りプログラムの支援を受ける企業の株式を米政府が取得し、企業の業績が回復して利益を上げた場合納税者に還元する。

◎新たに設立される議会委員会が監督権限を持ち、財務長官は定期的に議会に報告を行う。

◎不良資産買い取りを受ける企業の経営者の報酬に上限を設け、過剰な報酬や退職の際の「ゴールデンパラシュート」を防止する。

◎政府は、買い取った住宅ローンの差し押さえ手続きを遅らせることができる。

◎不良資産となった証券類を直接買い取る以外に、財務省は、不良資産引き受けの代金をプログラム参加企業が共同で支払う保険制度も存在することを認識する。

◎5年経過して政府が損失を抱えていた場合、財務省は参加企業から料金を徴収して納税者負担を補てんする計画を進める。

 上記の内容を簡単に言うと、
不良債権を買い取ってあげる代わりに、株式を取得して、会社に関与し、役員の報酬についても文句をいいますよってな感じかな。

 この内容で我も我もと不良資産の切り離しを行うかが疑問かな。
とにかく、実効性が高く、即効性があるかを見極める必要があります。

ただ、しばらくは、ドルを支える効果はあるでしょう。

 さて、今週も儲けましょう。







スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金融傾斜国家 | HOME | 通勤用の自転車>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。