ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ボンド円と英国

ポンド円

 ポンド円に関しては、絵に描いたような下降パターンですが、さて、どのあたりで下げ止まるでしょうか?製造業に見切りをつけて、金融立国を目指したので、これからの国際的な金融混乱の時代には
まだ、当面は痛手は大きいのではないかと思います。
 製造業を国内に温存しているパターンでいけば、為替が2割も下降すれば、輸出に有利にはたらくので、製造業の復活となるのでしょうが、どのような展開となるのでしょうか・・・・。
 

 豪ドル、NZドルに関しては、7月末に予想した展開となってますが、いままでのパターンに見られた
ような急な反発はなく、経済情勢によっては、ダラダラ下降して、着地点を探す展開かと思います。
そのあとは、ボックス圏を上下する展開を予想しております。
 
スポンサーサイト

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第二章 | HOME | かなりの規模の調整>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。