ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最低 3~4年はだめ

昨年来、ブログで書いていることは、

現実になりつつあります。

アメリカのオバマ大統領の役割は、最後はやっぱり、アメリカだよという期待から、

みんなで世界を支えないかいの政策となりつつありますが、

家庭でも、ここ一番、親父の威厳でまとまるのですが・・・・。

みんなで負担して、みんなで話し合って・・・・。

威厳のない親父の家庭・・・・。

 アメリカは随分と横暴なことをしてきたし、自国の国益のためなら、手段を選ばない国で

ですが・・・・。

 でも、最後は世界はその非情さ、断固たる措置に期待して、

ドルを買い支えてきたと思います。

マイルドなアメリカ・・・。  大量に印刷されるドル。

金が最高値を更新している意味はわかりますね・・・・。

世界の警察官がいなくなって・・・・・。

まあ、次のシナリオのために、わざとやっていると思いますが・・・・。

そうすると、

 短期のシナリオとしは、ドルが強固な意志をなくした、普通の通貨になる過程で、

1ドル  50~60円
日経  6000円切りがあるかな。

 この1年が勝負だね。

オバマさんに、鳩山、亀井、前原さん

役者が揃って、あとはシナリオの実行だけかな。




新政権誕生後、金融株は大きく値下がりし、藤井、亀井、前原トリオのおかげで時価総額は20兆円余が吹っ飛んでしまった。経済評論家の三原淳雄氏はMONEYzineに寄稿し、市場はますます混迷を深めるとの見方を示した。


 藤井財務大臣は地位の重さも考えず円高容認とも思える発言を軽々しく口にするし、おかげでスルスルと円高が進み株価は大きく下げた。

 またこともあろうに一国の金融を担当する亀井大臣は、きちんとした説明なしにいきなりモラトリアム的な政策をぶちあげ、金融株を急落させてしまった。

 藤井発言は市場の何たるかをまったく理解していないことを露呈したし、亀井案にいたっては恫喝もいいところでまずこれまでの自民党政権を支えていた金融界に脅しをかけるのが目的なのだろう。「俺の言うことを聞け。これからしばらくは俺が大臣だぞ、わかっているだろうな」と言いたいのだろうが市場はこんな大臣が好きなわけはない。

 たちまち金融株は大きく値下がりし、藤井、亀井、前原トリオのおかげで時価総額は20兆円余も吹っ飛んでしまった。加えて先物市場不要論の国民新党や、あの福島のお姫様までブラックスワン要員で控えているのだから、これでは市場が喜ぶはずもないしますます混迷を深めるだろう。


「日本人に近づくな、社会主義が移る」というジョークが中国で言われているそうだが、これはもはやジョークではなく真実になってしまったようだ。


 企業が苦しんでいるのは仕事が無くなったからであり、仕事が増えれば金融機関も喜んで融資するだろう。また苦しいところは事業そのものがもう成り立たなくなっている可能性もあるのだから、そこは国策として成長戦略を打ちたてその分野へ事業内容を転換させていくべきであり、これが政治の本来の役目のはずである。

そうに「沈み行く日本」的な特集をしきりに組んでいるが、このままでは本当になりそうである。狭い視野の政治しか期待できない日本より、もっと強かな国で強かな連中が揃っている外国の市場の方がより魅力的に思える。

スポンサーサイト
リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

沖縄より、米軍撤退、跡地は人民解放軍が駐留!

 真面目に、民主党に投票した方、責任をとって下さいね。
もう数年以内に、このような状態になります。

 歴史上、中国、朝鮮と関わって、日本が良くなったことは、一度もないと思います。
いずれにしても、いろいろと問題はありましたが、半世紀に渡って、信頼を重ねてきた友人を失うことになります。
 中国はいよいよ空母機動部隊の基地として、沖縄を自由に使えるようになり、その時になってやっとわかることもあると思います。


岡田克也外相は7日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、鳩山由紀夫首相がアジア重視の観点から提唱している「東アジア共同体」構想について、「日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、オーストラリア、ニュージーランドの範囲で(構成を)考えたい」と述べ、米国は正式な加盟国としない形で創設を目指す考えを表明した。
リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

「馬鹿」とみなさない。

 民主の政策が、あまりにも幼稚なので、
書きたくないけど書きます。

ほんと、めんどくさいな。

例えば、
    ある人が、亀井さんを「今後は馬鹿とみなさい」と言ったとします。
    でも、それまでは、みんな当然に馬鹿、周知の馬鹿だと思っているとします。
    (この人を私は嫌いではないですが、権力があり影響が大きいの批判します)

    それで、海外に人にも、「郷に入れば、郷に従え」と言って、亀井は馬鹿ではないと
    定義し、今後はそのように扱うと宣言します。

    でも、おそらくは、いつかは、馬鹿がばれます。
    そうすると、馬鹿でないと定義したり、みなしていたりした人たちも
    もしかしたら、馬鹿ではないか、どのくらい馬鹿が混じっているかは判らないぞと
    なります。

    お金は臆病なので、
    賢明な人、国が好きです。

    日本は最近まで、耐えに耐えて、賢明に来ました。 
    その証拠に、国債の金利が超低水準である(買手がいる、主に国内)

    でも、馬鹿がどのような形で含まれているのかが、不透明で、ローカルルールだらけの
    マーケットで運用する、「大馬鹿」はいないのでは・・・・・。
  
    野球は、3アウトでチェンジだから、みんな安心して野球をしていると思いますが、            4アウト、5アウトでも、「ここは、日本、郷に入れば・・・・」なんて通るかな・・・。

    幸い、私は、民主の政策を見極めるために、彼らが優勢との世論で、これは、3~4年は
    日本はダメと思って、とりあえず、マーケットから撤退してますが・・・・。

    本当に、彼らで大丈夫ですか?
   

「モラトリアムで返済猶予した債権を不良債権として見なさない、猶予させたものが不良債権ということになれば、銀行は資本を失うため同額を貸し手から引き上げざるえなくなり、猶予の意味がなくなります。これでは債権の情報(リスク)を隠蔽するという意味でサブプライムローン並みに危険です。

サブプライムローンの問題点は、混ぜ合わせることで、希釈されるはずだった汚染(貸し倒れリスク)が、全体をどす黒く染めてしまい、どれも飲めなくなったということに集約されます。同様に猶予された債権が、健全な債権と一緒くたにされれば、債権全体が汚染されてしまうだけです」



リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

こども店長も貰うのか?

 トヨタのCMのこども店長は

よくテレビに出ていますね。

ほんと、稼いでいるね・・・。

大半のおとなより、しっかりと稼いでいると

思いますが・・・・。

そんな彼に、

 民主党の政策では、来年、      月 13000円
              それ以降    月 26000円

一切の所得制限なしに、一律に 貰えるとのことです。

この政策は、子育て世代の親には有難いことだと思いますが・・・・。

 いま、民主党がやっている、経済シロート政策、

格差是正のつもりでやっている、格差拡大政策の数々・・・・。

を早めに、修正しないと・・・。


一家の主な働き手のお父さんが失業し、

パートの口や、派遣社員の口があったお母さんが仕事を失い、

月 26000円の子供手当てだけが支給され・・・・。

 一種の社会主義国になってしまうと思います。

我々は、20世紀に、善意からの、友愛からの理念の政治が

地獄の政策となったことを何度も経験しているはずです。





リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

西川氏は辞める理由はない、亀井こそやめろ!

 本当に、このレベルの政治家(?)を重要閣僚にしないといけないというのも情けないですが、
これも、日本国の運命と諦めて、亀井のおっさんに付き合っていくしかないですが、
西川さんは、私の感では、まったくやめる理由がないと思います。
この方が、まったく、間違いや状況判断を誤ったことがないかと言われれば、きっと、探せばあると思いますが、おそらく、それは、巨大企業を経営する上での許容範囲の中だと思います。
おそらく、彼は、辞めろ、辞めろのくず政治屋の中で、非常に仕事がやりぬくいと思いますが、
「侍」として、いま暫く、留まってほしいと思います。

一方、亀井のバカは早く、やめて田舎で隠居でもしてほしいと思います。
田舎で隠居して、小さな交番の当直になって、「名前は静香でも、しずかではない!」
なんて、ギャクを飛ばしていれば、きっと、近所の小学生には受けると思います。
きっと、彼もその方が、幸せだと思います。

日本も今しばらくは、国運がないね。オリンピックもこないしね。

あと、3~4年、日本の大掃除のために、彼らも必要かもね。

ところで、郵便で、西川さんの首が取られたら、日航では、民間金融はきっちり手を引いて、アウトにしないと、お上に翻弄されるだけではいけません。「侍」としての矜持をしめして下さい。


亀井静香金融・郵政改革担当相は3日、民放の番組出演後、記者団に対し、日本郵政の西川善文社長ら現経営陣について、「郵政民営化の根底がなくなる。1カ月以内で出処進退についてご判断いただく」などと述べ、郵政事業見直しの関連法案を提出する臨時国会までの自主的な退任を促した。
 
 西岡喬会長(三菱重工業相談役)ら有力財界人が名を連ねる社外取締役や、傘下のグループ4社の幹部についても対象となる見通しで、後任社長の人選にも影響を与えそうだ。
 

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。