ノーマネー☆ノーフリーダム

毎日を気楽に過ごしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ワールドカップ代替開催

 昨年ですが、FIFAのブラッター会長が、2010年ワールドカップ南アフリカ大会が不測の事態で開催不可能になった場合、代替開催国を検討する必要があるとの考えを示し、候補の一つとして日本を挙げたという報道がなされたが、日本開催などはリップサービスとして、実際 南アフリカでの開催が順調に行われるだろうか?

 残り1年で、劇的に南アフリカの治安が回復し、インフラ整備、エネルギー対策も進むなら南アフリカW杯は気候面で最高(南アフリカW杯はちょうど南アフリカの冬季(5月~8月で平均0~15度)に開催)のW杯になるので、ベストな季節ではある。過去の国際大会を開催してきた実績で言うと、
 1995年南アフリカでラグビーW杯が開かれたが、ちょうどその頃犯罪件数が下がっていたし(97年から再上昇)、出場国はサッカーのW杯の半分の16カ国で開催地は4つ程度。
 2003年にもクリケットワールドカップが南アフリカで開かれたが、クリケットは英国の旧植民地を含む50カ国くらいで行われている。観客動員もそれほどではなかった。

 これに対して、サッカーは世界全ての国でプレーされ、W杯ともなればその規模は上記の2競技の大会の遥か上である。注目度はオリンピックに匹敵する巨大イベントである。
 出場国は32カ国。開催地は9都市10会場。世界中から代表(選手・監督・スタッフ等)、サポーター、マスコミ(TV局や新聞や雑誌の記者)が集結する。
 各会場のスタジアムはもちろん、各会場を結ぶ交通、通信手段確保等様々なインフラ整備が必要。
つまり、上記の2競技の大会開催実績はほとんど参考にならない。

 開催2会場のあるヨハネスブルクは「世界最悪の犯罪都市」「世界の犯罪首都」とまで言われ、昼夜を問わず強盗、殺人が多発しており、他の開催都市についても治安面が問題視されている(日本の外務省も、ヨハネスブルク、プレトリア、ケープタウン、ダーバンの4都市について「十分注意してください」との危険情報継続発信中)。

 ヨハネスブルクでは「1人で路上を歩けば、1分以内に武装した路上強盗に襲われる」と言われている。、「ヨハネスブルクはリアル北斗の拳の町」

2003年度に発生した生活環境の悪化を背景とした強盗発生件数の実に46.5%が、ヨハネスブルクで起きたもの。
 南アフリカでの殺人事件の発生率は、日本の35倍、米の7倍で、ある南アフリカ国民も2006年7月に凶悪犯罪が多発する南アフリカに来ない様に警告するHPを開設。

 投資という観点に立てば、様々なリスク、裏を返せばチャンスを検討する必要があります。






驚異のスーパートレードシステム


スポンサーサイト
収入を増やす。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドル防衛

最近のドルをめぐる動きを整理すると、

1.いよいよ、米国がドル防衛に傾斜し始めた。昨年も、中東から米銀に資金注入する時も、ドル防衛 の密約がなされたように言われたが、最近は、わりと露骨である。大統領、財務相、連邦準備理事 会(FBR)首脳がほぼ同時にドル安に懸念を表明。これまで否定してきた介入も視野に入れる構え を示した(介入はいいけど、介入するお金があるのかな?)
 ドル安が原油高を招き、食糧高とも連動して世界全体にインフレが及ぶシナリオを回避するのが狙  いだ。

2.背景にあるのが政策の手詰まりだ。ドルが売られると原油や穀物などの商品が買われ、国内のイ ンフレ圧力が高まる。ドル安・インフレ台頭を食い止めるには、利上げが有効な手段とはなるが、米 国景気は弱く、金融不安も残る。利上げ休止がせいぜいで、金融引き締めに転じるのは難しい。
 (いまの状態での利上げは厳しいけど、やるしかないのでは)

3.ただ、米国のドル防衛策は容易ではない。米国以上にインフレ回避を重視する欧州中央銀行(EC B)のトリシェ総裁は5日に「7月に小幅な利上げを実施する可能性を排除しない」と明言した。欧州 が利上げに動けば、米欧の金利差が拡大し、ユーロ高・ドル安に振れる。
 (以前と違って、ユーロがあるから、政策は複雑になります)

まあ、大枠は偉い人が決めるとして、来週のドルの動きは面白いね。






リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

豪ドルの動き

豪ドル6月30日


 先週の初めに、そろそろ来るかなと思っていたら、コツンと下がりました。
ストップをかなり切り上げていたので、いくつかは、利確となりました。
3ヶ月程のスワップもおまけで付きましたので、まずまずかなと思います。

 でも、ここからのエントリーが難しいですね。抵抗線でコツンと跳ねるか、沈むか。
どちらかと言うと、アメリカが本気でドルを守るか、マーケットに見透かされるかの綱引き
になってきました。


ところで、株式もFXのように、証拠金で何十倍もの取引ができたら、バリエーションが増えるのにと
思っていたら、「ひまわり」さんがやるみたいですね。



リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

建築探訪その2

times_01.jpg


 建築探訪の第2弾は、タイムズです。
ここは、京都の3条通りと木屋町通り(高瀬川沿い)にあり、建築家 安藤 忠雄氏の作品であるが、
私がよく行った時は、2期工事はなされていなくて、安藤氏も今のように、建築以外の方には有名ではなかったと思います。

 この界隈は当時もいまも、京都は祇園と並ぶ繁華街で、どちらかというと若者の街という印象でした。よく徘徊したルートは、河原町通り、寺町通り沿いに古本屋が何軒もあって、そこを散策したら、タイムズによるという感じでした。中学から、高校にかけてよく通ったものです。そのころは、真剣に将来は古本屋の店主になるなんてことを考えておりました。
 それだけに、印象深い建築物です。飾り気がなく、また、高瀬川との微妙な高低差はなかなか粋なものでした。





建築探訪 | コメント:0 | トラックバック:0 |

特選コーナー

 このブログに中で、唯一 実用的と言ってよいのが、この特選コーナーです。
ネットにおいては、情報商材を中心に、様々な情報が流布しておりますが、実現可能なもの、
実現不可能なもの、実現可能であるが、そこまではやりたくないもの、などいろいろです。
 管理者自らがその情報を検証し、自ら実証し、確認したもののみを特選コーナーで発表します。








特選コーナー | コメント:0 | トラックバック:0 |

所得移転を逆流。

今朝の日経より、

 石油」価格140ドル継続なら、産油国へ所得流出200兆円 08年推計
原油価格の高騰で、石油の消費国から産油国への所得移転が進んでいる。原油価格が現在の1バレル140ドル前後で年内推移した場合、日本を含むアジアや米国、欧州から中東・ロシアなどの産油国に流れるお金は約200兆円にのぼる見通し。1970年代の2度の石油ショック時を上回る「富の移転」が生じる見込みで、日本からも原油代金として国内総生産(GDP)の5%強にあたる企業や個人の「稼ぎ」が資源国に流出する計算だ。

 ちなみに、日本からの所得移転額は、推計 24兆円だって・・・。
一人当たり、年間 24万円、4人家族で、100万弱となる計算。

 個人で出来ることは、石油依存を減らすことぐらいしかないですが、国と国の間では、お金が行ったきりでは困りますので、今後の展開でどのようなことが考えられるでしょうか?
 アメリカなら、危機を煽って、最新兵器を販売して、その所得の一部を取り戻すことも出来ますが、
 日本の場合は、地道に、精密機械や、産業機械、自動車、電気機器などを販売して、取り戻すしかないかと思います。
 
 アラブの王様や、ロシアの大富豪が買いそうなものを石油代金以上で販売して回収する。
意外と秋葉原のフィギャアなんて、石油が形を変えたものですが、日本人の感性とアイデアで、
彼らが喜ぶものが作れるかもしれせんね。
   







楽天で探す



楽天市場






リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガソリン 180円

やはり、石油価格の高騰がまったく止まりませんね。

以下、ニュースより抜粋です。 

 石油元売り大手の新日本石油<5001.T>は27日、7月からのガソリン等の石油製品卸価格について、1リットル当たり8.4円程度引き上げると発表した。上昇分が小売価格に転嫁されれば、7月の小売価格は180円を超え、過去最高を更新する可能性がある。
  石油情報センターによると、6月のレギュラーガソリン小売価格(全国平均)は前年比25%上昇の173円程度だったが、同センターの集計では過去最高水準となる。
 なお、同センターによると、総理府統計局(現在の総務省)の調査では、1982年8月に東京都区部で小売価格が177円まで上昇した記録があるという。

 私も、昨年までは、会社へ、自家用車で通勤しておりました。往復 30キロ程の距離ですが、いろいろと計算した結果、会社からの通勤費の支給額より、随分と持ち出しが多いので、昨年の10月より、電車での通勤に切り替えました。

1、車での通勤時は、
  会社近くの駐車場 10,000円
  ガソリン代      20,000円

 いま現在は、電車通勤で、尚且つ、乗り換え都合で、1駅分を25分ぐらいかけて徒歩で歩いて
いるので、15,000円ぐらいに収まってます。

更に、毎日 5000歩以上は歩くので健康にもいいです。
余り、車に頼るライフスタイルはいけないなと思います。

今、気楽に、ガソリン代が上がった話題を読んでいられるのも、昨年に、電車通勤に切り替えたお陰です。(年間 20万ぐらいの節約になりますので、財布にもやさしい、よい決断でした)

 まだまだ、生活の見直しが必要ですね。




支出を削る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

怪我の功名

 米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題に端を発する金融危機が続く中、邦銀の安定ぶりが際立っている。(ここ10数年はリスクをとれる状態ではなかったのが現状)

 だが、邦銀がサブプライム爆弾の直撃を免れることができたのは、貸し出し姿勢が慎重であり90年代の悪夢から教訓を得ていたためである。経営不振の欧米銀行の救済に名乗りを上げようとしている。

 6月20日付の日本経済新聞で、日本3大メガバンクの1つ、三井住友フィナンシャルグループが、英銀3位のバークレイズ(BARC.L)に第三者割当により9億2700万ドルを出資し、アジア事業での提携強化を図る意向だ。ほかに中東やアジアの政府系ファンドも出資に応じるという。

 邦銀の積極的な海外展開が本格化する可能性も 今回の三井住友の動きは、邦銀による外銀への出資という“流れ”の一端に過ぎないようだ。今年1月には、資産規模で邦銀2位のみずほフィナンシャルグループ(MFG)が傘下のみずほコーポレート銀行を通じて、米メリルリンチ(MER)の新株(優先株)66億ドルのうち12億ドル分を取得している。 三菱UFJの狙いは米銀。投資銀行より商業銀行を物色中という情報もあります。

 以上の流れから、邦銀の海外の成長エリアへの展開がまだ、あゆみは遅いですが、期待できるのではないでいしょうか。国内での成長が見込みにくい中で面白い動きではあります。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

建築探訪その1

240px-Sagradafamilia-overview.jpg


当初の建設の目的は、貧しい人々のために聖家族に捧げる贖罪教会として建設を計画したものでした。

 最初に設計を無償で引き受けたフランシスコさんが、意見の対立で辞任、まあ、よくあることではありますが、当時は未だ無名だったアントニ・ガウディが引き継ぐ。以降、ガウディは設計を一から練り直し、1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだ。
完成は2256年前後と言われている。
面白いことに、あまりに長い期間、建設開始から経っているため、建築と並行して修復も行われている。
 いつ完成するのでしょうか、
でもどうやら、この建設工事は完成しないことに、一つの思い、祈りを持って創り続けることに価値
があるような気がします。

 何事に「ケリ」をつけたがる日本人には、分かりにくい感覚ですが・・・・・。






建築探訪 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ノーマネー、ノーフリーダム

 以前、よく遊びで海外に出かけました。
シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア・・・・・。そしてアメリカでも。
日本人を見ると、「ギブ ミー マネー」なんて、寄ってくる人がどの観光地でも
見かけました。

 セイブ・ザ・チルドレンのボランティアで、マニラに行った時は、ストリートでそのような過酷な状況で
生涯を過ごす子供たちを多く、見かけました。
彼は、今 その境遇から抜け出すことが出来ているだろうか?

 そんな経験をしながら、わが身を振り返り、いつか日本人も、いや 自分も日々のお金に困窮する時が必ず来るだろうと感じていました。

 ほどなくして、私にもそのような経験がおとずれ、人生が平坦な舗装道路ではないことを教えてくれたわけですが・・・・・・。

 最近 読んで感銘を受けた本の中にも、その時の自分の感覚を追体験できる一節がありましたので
ご紹介します。
「ノーマネー、ノーフリーダム」は忘れないように、ブログのタイトルにもしました。
(以下 書籍抜粋)


 最初に船に辿りついたのは、5歳くらいの痩せた男の子だった。船べりにいる私の横に金盥を寄せると、彼は骨ばった腕を思い切り伸ばして叫んだ。

「ギブ・ミー・マネー!」

 やがて私のまわりにはつぎつぎと金盥が集まり、男の子も女の子も両手を広げ、船を揺すり、「ギブ・ミー・マネー!」と声を張り上げた。ガイドの若者はその様子を黙って眺めていたが、わずかに肩をすくめると、困惑している私にむかって言った。

「この子たちは、ベトナム人なんです」

 それから、この場に似つかわしくないさわやかな笑顔を浮かべた。

「ベトナム人は、この湖で魚を獲ってゆたかに暮らしてます。お金を恵んでやることなんかありません」

 居心地の悪い、長い沈黙がつづいた。ふたたびエンジンをかけて金盥を置き去りにすると、唐突に若者は言った。

「みんな、死んでしまいました」

 若者の父親は英語教師で、強制労働収容所で処刑された。兄弟は餓死し、生き残った母親と二人で暮らしてきたが、その母親も十歳のときに病気で死んだ。それからは頼るひともなく、ずっと一人で生きてきた。ようやく操舵手の仕事にありついたが、1日働いても数百円の収入にしかならない。その金を貯めて英語を勉強しているのは自由を得るためだ。自分はあばら家と湖を往復する以外、この世界をなにも知らない――そんな話だった。

 別れ際に、私はこの若者にいくばくかの金を渡した。彼の名誉のために言い添えれば、その身の上に同情したのではない。ポルポトの統治はベトナム戦争終結の1975年から4年間だから、23歳の彼が生まれる前に虐殺は終わっていた。

だがすべてが作り話だとしても、彼の言葉にはなお、こころを揺さぶるものがあった。

 ひとはときに、思わぬところで大切なことを学ぶ。

 私たちはみな、自由な人生を当然のように享受している。だがその輝きは、夕暮れの虹のようにはかない。いま手にしているゆたかさをすべて失ったとき、あなたはそれでもまだ自由だろうか。

私は愚か者なので、こんな当たり前のことにずっと気づかなかった。観光客相手にボートを運転するカンボジアの若者ですら知っていたというのに。

 彼は私に向かって、何度も繰り返した。

「ノー・マネー、ノー・フリーダム」





お勧め書籍の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |

通貨の毀損

年金による「国債引き受け」

 もし、あなたが、某国の年金基金を預かり、運用するファンドマネジャーで、その資金総額は、なんと
150兆円です。これを、世界中の有利なマーケットで運用して、5.5㌫の年収益を稼ぎなさいとなれば、そんなに非凡な運用者でなくても可能ではないだろうか?

 しかし、条件があって、その運用資産の内、100兆円は、年利 1㌫の某国の国債を引き受ける、つまり、100兆円は固定運用の1㌫で、残りの50兆円で、5.5㌫の年収益を上げるとなれば、
世界最高の運用者でも常勝は厳しいかもです。

 このゲームの結末は、破綻するか、ルールを変えるか、お札を印刷するか?

いずれにしても、某国の信用に大きな毀損が残ることではあります。

私が、むこう20年に運用して行く中で、充分にありうるシナリオです。
このリスクにも備える必要があります。

 もちろん、この某国は日本国のことです。


リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

日用品の節約について

 1ヶ月の支出の項目を見ていると、私の場合 まだまだ節約できるところがいっぱい
あるようです。外食が多いのでその部分で無駄な支出も多いのですが、いま、一番
に気になるには、水関係ですね。ミネラル水・・・・。

 最近は、石油が上がっている関係もあってか、以前 100円のものが、120円~130円と
値上がりしてます。

 以前 健康関係の本、たしか「病気にならない生き方」の中で、新鮮な水はよく飲んだ方が
いいとあったので、500ミリリットルで、3~4本は飲みます。
 3本として、1日 400円程度 1ヶ月 1万円以上ですね。

 一度、2リットルサイズのものを買って帰って、自宅で、500ミリに詰めなおしたりしましたが、
ほぼ、毎日 仕事帰りにマンションの6階まで、運ぶのが億劫で結局、今のコンビニ、自販機
での購入スタイルになっています。

 最近は、自宅まで、サーバー付きでミネラル水を運んでくれる、サービスもあるようですので、
一度、検討して見ようかな。






TOKAIの水







支出を削る。 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ハートブレイク

 資産運用なんてテーマでブログを更新していると、
ちょっと遊び心を失くしてしまわないか心配です。

さて、そんな時に、”まめゴマ”を育てるのもいいかもね。
おかあさんのふにゅごま、あかちゃんの

・自分の“まめゴマ”に、どんな名前をつけたいですか?
・自分の“まめゴマ”に、どんな格好をさせてみたいですか?
・自分の“まめゴマ”の結婚相手には、どんな“まめゴマ”を選びますか?
・自分の“まめゴマ”に子供が出来たら、どのような気持ちになると思いますか?
・赤ちゃんのペットを飼ったことはありますか?そのときのエピソードを教えてください。









----------------------------------------------------------
【PR】

手のりサイズの小さなアザラシを育てて楽しむ、人気育成シミュレーションゲームの第2弾、「まめゴマ2 ~うちのコがイチバン!~」が7月31日に発売決定!

水中をスイスイ泳ぎ回るまめゴマや、親子2匹が仲良く暮らす姿が見られたり、通信でお友だちのまめゴマと結婚させ、ベビーを生ませることができるなど、お楽しみ要素がたくさん増えました!
----------------------------------------------------------
ハートブレイク | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近の豪ドルの動き。

豪ドル6月24日


 最近の豪ドルの動きで、かなり低い位置から、ポジションも持っているので、そんなに心配はいらないが、そろそろ雑誌等で、サブプラの特集から、インフレへ注目が変わってきています。
 また、例年 夏には、小変動 短期間での10円以上の動きが出ます。昨年も、日本のお盆休みを狙い撃ちするかのように、10円以上の変動がありました。
 ことしもそろそろかもです。

 小変動のあとは、大チャンスです。
上手く資金を残して、再び、ポジジョン作りです。

 さて、今年はどうなるか?
昨年の動きをトレースするか、新しいトレンドが出来るかです。





リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

世界同時インフレ。

 エコノミスト誌は、最近の特集で、「世界人口の3分の2は今年の夏以降、2桁のインフレに突入する」と予想しています。

 いま150ドル近辺の原油は、ここ数年以内に300ドルへ、日本の国内のガソリン価格が、300円から、為替によっては、500円となったら、

 「ガソリン、ハイオク満タンで」
 「現金で、30000円です」
給与水準が変わらない中でも、このシュミレーションはかなり悲観的です。
併せて、食料品、運送、運輸、各種サービス・・・・・。

 世界は資源の消費国から、資源の産出国へ、モーレツな勢いで所得移動が発生しております。
その中で、資源が少なく、まだ、脆弱な経済であったベトナムが最初に血祭りに上がりつつあります。

 さて、この結末はともかく、
需要サイドから言えば、象徴的な事象としては
 「中国のモータリゼーションは1920年代の米国と同じく、20年間続く」

供給サイドから言えば
 サウジのアブドラ国王は、「今後油田を発見しても、地面に残す」

更に、米国のバイオ燃料奨励策が加わり、
 「10年後に農地は油田扱いになる」

上記の大きなトレンドを見極め、自分の投資のポジションを決める。

大きな変化の時は、大きなチャンスの時・・・。


にほんブログ村 経済ブログへ











リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

FXによる資産運用について。

 FXによる資産運用については、日本のような超低金利、低成長国家に住み場合は、
かなり、有益な資産運用のひとつとなります。
 但し、年に数回程度やってくる為替の中変動、数年に一度やってくる大変動、大きなトレンドの流れを見極め、レバレッジを低めに、出来れば、年に100㌫以上の期待利益が予想され、ドローダウンが
少なく、運用ストレスがない、システムトレード的な手法を使ったトレードならば、以外と安定した収益を上げることが出来ます。
 また、完全自動売買で、オリジナルで条件設定が出来る安価なソフトもありますので、それを活用しますと、自分が資産運用していることも忘れるぐらいです。
ちなみに、私は、自分のオリジナルな条件設定で完全自動売買を稼動させて、FXで2週間の連続運用実験をしたことがあります。
 深夜にピコピコと売買、利益確定、損きりを行う。パソコンを見ると・・・・・。
寝ていてごめんという気になります。

人気ブログランキングへ

収入を増やす。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

特等席。

 休憩を兼ねて、久しぶりにロッテリアへ。
日本は、現在 お金を出せばそれなりサービスが受けられ、自己の意思と勤勉さがあれば、
収入を増加させることができます。

 この宇宙船地球号の最上級の特等席で・・・・。
戦後、懸命に働きに、働いた世代のお陰で、安逸に過ごしています。

 東京は、世界の美食が集まる街となり、人々は自らの本能的な生命の働きより、
賞味期限を信じて、大量の食の廃棄が毎日なされています。

 さて、問題はこのような神の祝福というべき、時代がいつまで続くかです。
見えない偶然が重なり、平和が保たれ、繁栄をもたらし、傲慢になっている我々に
いつ鉄槌が下るかです。

 照り焼きバーガーを食べながらの話題としては、ヘビーになってしまいました。
まあ、楽しく生きましょう。

20080623165215







快適生活隊 | コメント:0 | トラックバック:0 |

母親について

 母親は、昭和の4年生まれなので、もう80歳を超えている。
毎日、近くのスイミングへ、一人で行くので、まだ元気ではいてくれているが、
なにせ、高齢なので心配である。
 私が、経済的な自由、時間的な自由がほしいと思う理由の一つは、将来、母の介護を
することになったときに、いまのハードな営業の仕事はできないだろうと考えるからである。
従って、数年以内に転職するか、在宅にて稼げる方法を獲得するしかないかと考えている。
 だから、毎月 30万の本業以外でも収入はその時に備えたものでもある。
同居人について | コメント:0 | トラックバック:0 |

中国の時代

 ジム・ロジャーズの本はよく読む方です。
もう何年も前から、商品の時代が来ることを予見し、
そして、今度は、中国だって・・・。
中国経済は、いまでも充分にインパクトがありますが、
これは、序曲で第一章が終わっただけだって。

 奇しくも、彼の予見の通り、上海は、6000から、3000を切るぐらいに下落・・・。
ここ数年、指をくわえるしかなかった人たちのチャンスが・・・。

20080622230119











お勧め書籍の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |

税金の話。

ネットで副収入を得るようになると、必ず ついてまわるのが税金です。

 例えば、私の場合は、本年 会社の給与所得以外に
今年の場合、余程、運用に失敗いない限りは、
年間で、100万~250万程度の雑所得(この表現が正しいか、わかりませんが)
が発生すると思います。

 最終的には、最低 360万~720万の所得が恒常的に発生することになります.
しかも、ネットビジネスで発生するものなので、経費は、かかっても1割程度かと思い
ます。

税金に対する私はの考えは、「節税しつつも、正しく納税」が基本ですので、
この分野でも考えを深めて行きたいと思います。
税金について | コメント:0 | トラックバック:0 |

お勧め書籍の紹介

お勧め書籍の紹介です。


お勧め書籍の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |

名鉄トランパス

20080619140823
名鉄のトランパスは、5000円で、5600円の使いでがあります。

 会社での仕事は営業でよく訪問客に会いに、名鉄を使うことがよくあります。
基本的には、駅の区間の正規料金での清算になるのですが、最初の時は、毎回切符を買って
毎回清算してもらっていましたが、いまは、トランパスを使っています。
 毎月 4枚程度使いますので、1枚で、600円 月 2400円程度 節約できます。

更に、金券ショップでは、4950円で売ってました。
いや かなり無駄にしてきたな。
(割引チケットも買ったことがありますが、管理が大変でした)
支出を削る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

支出を削る。

支出を削る。無駄使いをしない。お金を有効に使う。
いずれも、大切なことだと思います。



支出を削る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

収入を増やす。

限られた資金と時間で、お金を増やして行くためにいは、よく考えて経済合理性にあった行動をとらなければなりません。

 まずもって、一番大切なことは、収入の道を多く持つことであります。

株やFX,インターネットビジネス、新規ビジネス、不動産など・・・・・。

そんな収入の増加する道を探しましょう。 ワクワクしながら・・・。

【新薬ネット】日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト
収入を増やす。 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リスクに備える

投資をしている以上は、特に、1年に100㌫以上を目指すようなハイリターン運用をする場合は、
予想されるリスクに関してあらかじめ、可能な限り、備え、自分のファンドが致命的な損失をこうむることのないようにしなければなりません。

リスクに備える | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブログのコンセプト

 このブログのコンセプトは、36ヶ月で、経済的な自由を獲得するまでの物語です。
内容は、個人情報に触れることや、必要以上に公開することが賢明でないこと意外は、
出来るだけ、事実に即して、ブログを書いています。
 
 資金の運用効率は、当面の間、毎月 7㌫増を目指して、運用しております。
つまり、月初の運用資金が、100万円の場合は、 月末には、7万円以上の純増を目指しております。

 また、当面は、運用資金の強化のために、毎月 30万円以上を新規に投下し、一定額の運用資金になるまで、増加させます。

 運用対象は、株式、先物、外国為替FX、各種オプション取引、インターネットビジネス、短期の効率的なバイト、不動産運用など、1日 2時間程度の労働或いは、仕掛けで、毎月 30万円以上の
所得(大半が不労所得)を得ることも目的としています。

 このブログは、この間の過程をブログにて公開することにより、普通のサラリーマンでも、強固な意志と決意で、経済的な自由を得ることが出来ることを証明することを目的としています。






 

コンセプト | コメント:0 | トラックバック:0 |

6月も半ばを過ぎて

 6月も半ばを過ぎて、運用の方も、ほぼ、順調に進んでいますが、
先月の好成績であった、グーちゃんの売買プランは、今月は
中間段階ですが、苦しい展開になってます。
 グーちゃんの成績が月間マイナスになることも考慮して、
トモくんとミーニャでカバーすることを考える必要があります。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

グーちゃんの紹介


 5月の運用成績が抜群によかった、キジトラのグーちゃんです。
自宅から飛び出して、野生に戻って、家にいるときより、格段に
シャープに、精悍になりました。

 6月もお願いしますね。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ライブのコンサート

 今日は、いまから、ライブのコンサートへ行ってきます。
なんと、生まれて初めて、知り合いの高校生の娘さんよりのお勧めで、
前回、京都へ行くことを理由に断ったので、今回の誘いにはのることに
しました。

 まったく、興味のないことですが、遊びで名古屋市内に行くこともないので
まあ いいかって感じです。

 このブログに目的である、生活のための労働からの解放、自由の獲得
からすると、いままでに、ない時間の使い方もいいかなと思います。

「生活のための労働からの解放、自由の獲得まで、あと35ヶ月」
 
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

不思議な延べ棒

金の延べ棒


 昨日、友人から、20時30分で、携帯電話へ連絡があり、
昨日中にどうしても、43万円必要で、話を聞くと、トータルで、100万円必要で、57万円は
自分で用意したので、残りを7月10日まで、貸してほしいとの事。

 その人も誰かに貸すみたいですが、細かいことを聞いても、結局は、彼を信用した上で、
最悪、そのお金が返らなくてもよいと思えるかですから、電話で数秒考えて、現在の運用
資産から、43万円を貸しました。

 借用書や、金利などは、一切 いらない信用のみで貸しますのでと、電話で伝えておいたら、
それでは、申し訳ないと、金の延べ棒、おそらく、田中貴金属のものだと思いますが、
担保預かっておいてだって。

 本人がそれで済むなら、まあいいっかでな感じで、暫く、延べちゃんは自宅におります。
ちなみに、300万円相当だって。ずっしり 重いよ。

従って  70万円の運用資金を、7月からは、100万円の
予定が、  6月が、57万円
       7月も、57万円   

で勝負です。あまり、大きなリスクをとれないね。




エアコン直販センター













未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。